クオリティも・レジも、西海岸風で

ー FICO & POMUM JUICE 西野さま

FICO & POMUM JUICE

西野 さま

表参道をはじめ都内に2つの店舗を持つ本格スムージー店 FICO & POMUM JUICE(フィコ・アンド・ポムム ジュース)。素材の味がめいっぱい詰まった濃厚なスムージーとサンドイッチを提供するお店は、さながら海外のカフェのような開放感とヘルシーなおしゃれさで溢れています。FICO & POMUM を立ち上げた西野さまにお話を聞きました。


海外で出会った本格スムージーに魅せられて

もともとは大手メーカーの営業マンでしたが、22歳の時にこれからの10年の計画を立てていて、32歳で自分の事業をやりたいと決めていたんです。どんな事業をやろうかと考えた時に、大学の時に西海岸で触れたヘルシーフードの文化と、元来の家業でもあった「食」の分野にルーツを見出しました。そこで「時代に合った新しい食文化の創造」をテーマとして、日本にはまだなかった本格スムージーの業態を作ることにしたのです。

null

ブランドづくりは人格をつくるように

FICO & POMUM は、ラテン語でリンゴとイチジクという意味で、書物に出てくる初めての果物です。その名を冠したブランド名とロゴは、根源的な人と果物の健康な関係を表しています。お店づくりは、ブランドを人に見立てて決めていきます。フィコ・アンド・ポムムが人だったら彼(または彼女)はどんな服を着ているかな?西海岸のカジュアルでスタンダードなスタイルとしてユニフォームはデニムシャツにしました。聞いている曲はどんな曲だろうと考えて店内BGMを選んだり。果物を並べているカゴなども彼らが見ている日常の景色から着想しています。果物がそのままカゴにどさっと入っていたり、手描きのポップがついているような、いちいち海外っぽいのが、大事なんです。

null

15人のスタッフにマニュアルいらずで驚いたCoineyの導入

レジ周りも、海外のカフェやスムージー屋さんをよく見てきたので、タブレットPOSにすることは決めていました。さらに、最初のターゲットを外国人の方にしていたのでクレジットカード決済に対応する必要があり導入したのがCoineyでした。取り扱いブランドは多ければ多いほどいいし、一台の端末でかんたんにできることが魅力でした。導入してみて驚いたのは覚えるのが簡単なこと。うちはこの店舗だけでも15人のスタッフがいるのですが、マニュアルもほぼ作る必要がなかったので驚きました。「あ、これでできるんだ」って。

null

お客さまに共感してもらえた時が一番嬉しい瞬間

店舗はここ表参道と、東京の丸ビルの中にあります。さらに、法人向けなどのサービスなど事業は多岐に渡っています。それでも一番嬉しい瞬間は、お客さまが喜んでくれた時です。本格スムージー専門店は僕たち以外にないというくらい自信を持っているので、それに共感してくれると感謝の気持ちでいっぱいになります。「アメリカで見たけど、日本にないなと思っていたのよ」と言っていただけた時には「だから僕がやったんですよ!」ととても嬉しくなってしまいますね。

null

コイニー編集後記

お店で「フィコ&ポムム」というブランド名前のシグネチャースムージーを飲んでみたら体の中に凝縮された果物の元気が入ってきたような目の醒めるような感覚に驚きました。きっと西海岸で出会ったスムージーもこんな味だったんでしょう。誰かを元気にするスムージーの隣にこれからもCoineyが役立ちますように。

ストーリーをシェア