リユースで世界とつながる。決済で世界とつながる。

ー BAZZSTORE 原宿キャットストリート北ウイング店 小田さま・武市さま

BAZZSTORE 原宿キャットストリート北ウイング店

小田さま・武市 さま

「BAZZ」とは、”クチコミ”の意味を持つ「buzz」、アルファベットの”全てを含む”の意味を持つ「az」、リユースで”つながり”を提供する場所になれば…そんな想いがこめられた造語です。さまざまな思い出を彩った洋服たちが、次は誰かのワードローブへ。全てのヒトに”つながり”を、をコンセプトにしたリユースのお店です。


お客さまもスタッフもすぐに使える「親しみのある決済」

Coiney導入のきっかけや経緯を教えてください。

BAZZSTOREではお店のレジとしてユビレジを使用しております。クレジットカードは別のサービスを利用しておりましたが、それ以外の決済サービスを増やしていこうと考えていた際にユビレジのウェブページでCoineyのことを知りました。 ちょうどそのタイミングでCoineyがWeChat Payに対応したことを知り、中国人観光客向けの決済方法を探していたところだったので導入を決めました。

WeChat Pay対応に至ったきっかけは何ですか?

店舗は都内に11店舗あるのですが、特に原宿・渋谷・下北沢など都心エリアの店舗は中国人観光客のお客さまが多く、銀聯カードやWeChat Payが使えないのか聞かれることも多かったので、ニーズを強く感じていました。 当店のサービスと中国人のお客さまの相性も良いようで、実際に都心エリアでは売上の2〜3割程度が外国人のお客さまです。その中でも圧倒的に中国人のお客さまが多いですね。また、原宿・渋谷店ではほぼ毎日中国人のお客さまが来店されます。

WeChat Payが使えて良かったエピソードなどがあればお聞かせください。

WeChat Pay導入初日、ポップを掲示しただけで特にこちらから宣伝などはしていないのですが、すぐWeChat Payを使いたいとご希望になるお客さまがいらっしゃって驚きました。 WeChat Pay対応前は、現金やカードでのお支払いをお願いしており、お持ちでないお客さまは購入いただけないケースもありましたが、WeChat Payに対応したことでそういったケースがなくなりました。「WeChat Payが使えるなら」と購入いただくケースもあったりと、購買向上にもつながっています。 特に原宿店は、導入店舗の中でもWeChat Pay利用率が高く、さらにWeChat Payでのお買い物は高単価なため単価UPにつながっています。ブランド品のなどの価格帯がやや高いものでも、何の抵抗もなくスムーズに使っていただいています。 undefined

「WeChat Payが使えるなら」と購入いただくケースもあったりと、購買向上にもつながっているそう。

WeChat Pay導入初日、ポップを掲示しただけで特にこちらから宣伝などはしていないのですが、すぐWeChat Payを使いたいとご希望になるお客さまがいらっしゃって驚きました。

WeChat Payを利用されたお客様の反応や感想などはいかがですか?

中国のお客さまはとても使い慣れている様子で、親しみのある決済であることが伝わってきます。中国では、現金よりもWeChat PayなどのQRコード決済での支払いが主流ということを聞きましたが、ほんとうにその通りなんだと思いました。

また、現場のスタッフも現金よりCoineyを操作するほうが扱い慣れていますね。お札を数えるより、スマホでQRコードを読み取るほうがユーザーとして普段から慣れている操作ですし、店舗導入時のレクチャーもほんの数分で何の問題もなく完了しました。

現金管理の手間なし、日本でもぜひ主流になってほしい

今後2020年を見据えた訪日観光客対応(インバウンド)について、何か対策を検討されていたりしますか?

海外向けECは2年前から取り組んでいます。売上も順調にあがってきたこともあり、都心に実店舗を展開しました。今後は実店舗内での翻訳用のアプリ導入や海外への直配送などにも取り組んでいきたいと考えています。海外のお客さまが求めることは可能な限りやっていって、 ストレスなくお買い物していただこうと思っており、WeChat Payの対応もその1つです。 undefined

今後のCoineyへのご要望がありましたらお聞かせください。

自然に受け入れられるサービスだなと思いました。トラブルもなく、サービスについて今のところ要望はないです。ユビレジとCoineyの連携で利用しているので、さらに追加で便利な何かの機能があれば是非使いたいです。レジ締めの現金あわせ作業での間違い防止や効率化を考えると、決済手数料3.24%は許容範囲内だと思っています。

日本ではまだまだ現金の信頼度が高いみたいですが、中国では違うみたいですね。日本でもWeChat PayのようなQRコードモバイル決済が主流になるようにしてほしいです(笑)

今後の展望やCoineyのご活用についてお聞かせください。

「古着屋」と聞くと、一般的に狭くて雑多で、少し入りづらいかな?というイメージかと思いますが、BAZZSTOREは広めの店舗、白を基調としたデザインで、女性が1人でも入りやすいような、セレクトショップをイメージした作りになっています。また、お客さまのターゲット層を特に絞っておらず、老若男女、国籍なども関係なく幅広い層に来店していただけるよう、「すべての人に」向けた商品の品揃えやお店づくりをしています。今回導入したWeChat Payのような決済もその1つです。そのために必要な取り組みは今後も積極的におこなっていきたいと思っています。

undefined

・店内は白を基調としたデザインで明るく、広い通路なのでゆったりとお買い物ができます。
・現在都内に11店舗。毎年新店舗をOPENする勢いで展開中。

コイニー編集後記

従来の「古着屋さん」のイメージにとらわれず、次々に新しいことに取り組まれているBAZZSTOREさま。広くてお買い物がしやすそうなスタイリッシュなお店づくり、毎年新店舗を展開し、どんどん新しいものを取り入れていこうという姿勢に大変刺激をいただきました。さらに変化していくお店作りをCoineyもお手伝いできるよう、引き続きサービス改善に取り組んでまいります。

ストーリーをシェア

今なら実質0円ではじめられます。

新規でお申し込みいただくと「Coineyターミナル」の費用(19,800円 税込)がキャッシュバックされるキャンペーン実施中!