04.キャッシュレス・消費者還元事業の申請方法は?

2019年10月21日

#キャッシュレス #ポイント還元事業


この記事では、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる事業者、決済手段および対象とならない決済取引について説明します。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象になるには?

事業の対象店舗となるには、決済事業者を通じての登録申請が必要です。 決済事業者に加盟店として登録されているだけでは、キャッシュレス・消費者還元事業の登録申請をしたことにはなりません。
各決済事業者のホームページやサポート窓口などで、登録申請方法を確認しましょう。

なお複数の決済事業者と契約している場合は、各決済事業者ごとに申請が必要です。

undefined

申請から利用開始までのスケジュール

undefined

登録申請

お店・企業が利用する決済事業者を通じて申請を行います。
申請方法は各決済事業者のホームページなどで確認しましょう。

審査

申請内容をもとに、国による審査が行われます。この審査によりキャッシュレス対象店舗となるか、またポイント還元率は5%と2%どちらに該当するかが決定します。
審査にあたり、書類の提出が必要な場合もあります。

審査完了/広報キット受取

審査完了後は決済事業者を通じて審査結果の通知が来ます。
対象店舗になった場合は店舗住所宛に広報キット(店頭掲示用のポスターやPOPなど)が配布されますが、審査結果は決済事業者から通知され、広報キットは経済産業省から発送されるためため、審査結果通知と広報キットの到着が前後する場合もあります。
審査結果通知と広報キット到着が両方揃うまで待ってから利用開始しましょう。

利用開始

審査によってキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗として登録されたら、いよいよ利用スタートです。
届いた広報キットをお店に掲示したり、ウェブサイトにキャッシュレス・消費者還元事業のロゴマークを掲載するなどして、お客様にポイント還元対象店舗であることをアピールしましょう!

▼続けて読もう
5.キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率対策補助金の違いは?

関連記事