決済のお役立ち情報をお届け

キャッシュレス
決済ナビ

【店舗向け】キャッシュレス決済 入金サイクルの基本!入金の仕組みから導入前にチェックするべきポイントまで

2020-6-5 (2020-7-28 更新)

お店にキャッシュレス決済の導入を検討する上で、売上が口座に入金されるまでの「入金サイクル」はとても重要なポイントです。 ところが入金サイクルは決済事業者によってバラバラで、比較検討をするにも情報が多く混乱してしまうのではないでしょうか。

この記事では、キャッシュレス決済の入金サイクルに関する仕組みとチェックすべきポイントをご案内します。ぜひキャッシュレス決済導入のヒントとしてお役立てください。


目次:

  1. キャッシュレス決済 入金サイクル基礎知識
  2. キャッシュレス決済 入金サイクルの特徴
  3. 入金サイクルの短縮化を実現! STORES 決済 を利用しませんか

キャッシュレス決済 入金サイクル基礎知識

入金サイクルとは?

入金サイクルとは、「お店でキャッシュレス決済が完了してから口座に入金されるまでの日数や入金頻度」をさします。

キャッシュレス決済の売上データは決済サービスの管理画面上に即時反映されますが、その売上金はお店の口座に入金されてはじめて運用することができます。

お店が売上金を受け取るまでの仕組み

ではキャッシュレス決済で得たお店の売上金は、どのような流れで入金されるのでしょうか?

キャッシュレス決済が行われると、カードユーザー(お客様)が支払った金額はまずカード会社を経由※して決済事業者に入ります。
(※QR/バーコード決済の場合は、カードユーザー(利用者)→決済事業者→お店)
その後決済事業者は、決済金額から決済手数料を差し引いた金額を売上金としてお店の口座に入金します。
つまり「お店が受け取る売上金 = カードユーザーが支払った金額 ー 決済手数料」となります。

なお、この決済手数料や入金サイクルは決済事業者によって異なります。

参考図:クレジットカード決済の仕組み

キャッシュレス決済 入金サイクルの特徴

入金サイクルをチェックする上で、見るべきポイントを順番に解説します。

入金スピードは最短翌日

最も気になるのはキャッシュレス決済が完了してから入金されるまでの日数ですよね。
キャッシュレス決済は入金までに時間がかかると思われがちですが、じつは決済事業者の中には最短翌日入金に対応しているところもあります。
ただし入金スピードが早い場合は振込手数料が発生したり振込先の金融機関が指定されている場合があります。そうした条件がないか、事前にしっかり確認しておきましょう。

入金頻度は月1回や月6回、制限なしなど幅広い

続いて入金頻度ですが、「毎月15日と月末」「毎月20日」など、決まった日付に入金される事業者もあれば、決済日の翌日に毎日入金されたり、お店の好きなタイミングで入金(振込依頼)ができる決済事業者など様々です。
月の売上がまとめて入金されたほうが売上管理しやすい場合は月1回の入金サイクルにするなど、お店の運用にあった入金頻度を採用している決済事業者を選ぶのも良いでしょう。

入金方法は自動と手動がある

キャッシュレス決済の導入時に見逃しがちなのが、売上金の入金方法です。
申し込み時に口座登録をするケースが多いため、売上金は自動で入金されると思われがちですが、入金方法も決済事業者によって異なります。
登録口座に自動で入金される「自動入金※」と、お店のタイミングで口座への振込依頼を行う「手動入金※」があります。
※名称は決済事業者によって異なる場合あり

振込依頼の操作が面倒な場合は「自動入金」、店舗側が入金日を管理したい場合は「手動入金」を選ぶと良いでしょう。
なお自動入金と手動入金両方に対応している事業者の場合は、導入後に設定を変更することも可能です。

振込手数料の金額と無料条件もチェック

入金サイクルとあわせてチェックしておきたいのが振込手数料です。
事業者のほとんどが振込手数料は無料、もしくは条件付きで無料となっています。
条件付きで無料の場合は、振込先金融機関や入金額に縛りがあるケースが多いようです。
また、最短日数での入金時は振込手数料がかかるといった場合もあるので、注意しましょう。

キャッシュレス決済の入金サイクルで抑えておくべきポイントまとめ

  • 入金スピードと入金頻度

    • 決済日から最短何日で口座に入金されるか?
    • 月に何回入金されるのか?
  • 自動入金・手動入金

    • 自動で口座に入金されるのか、振込依頼の操作が必要なのか?
  • 振込手数料

    • 振込手数料が無料になる条件は何か?

入金日数も早く振込手数料も無料だけど、特定の金融機関にしか対応していなかった!など導入後に気付くケースもあります。 情報収集は大変ですが、細かい注意書きを見落とさないようにしましょう。

入金サイクルの短縮化を実現! STORES 決済 でキャッシュレス決済を始めませんか?

STORES 決済 は、スマホ決済(モバイル型決済)を提供する決済代行会社です。

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済(Wechat Pay)に対応しており、決済手数料は業界最安の3.24%、もしくは3.74%と決済事業者で最も安い手数料となっています。

国内全ての金融機関で最短翌々日入金に対応

気になる入金サイクルですが、STORES 決済 は最短翌々日入金に対応しています。
金融機関の縛りもないため、普段利用している銀行口座を登録することが可能です。

入金方法は「自動入金」と「手動入金」に対応しており、毎月決まったサイクルで入金を希望される方にも、入金日数重視の方にも安心してご利用いただけます。

今なら決済端末実質無料キャンペーン中!

2020年5月1日から決済端末実質無料キャンペーンを実施しており、所定の条件を達成すると決済用端末が最大2台まで無料で入手できます。

初期費用・月額固定費はなく、導入後にかかる費用は決済手数料のみ。そのため決済が発生しない限り料金は発生しません。
おトクなこの機会に、STORES 決済 でキャッシュレス決済を導入してみませんか?


\ STORES 決済 で、キャッシュレス決済をはじめよう /

まずは資料ダウンロード

こちらの記事を書いているヘイ株式会社は自分でつくれる、本格的なネットショップ「STORES」や予約システム「STORES 予約」も提供しています。

ネットショップについては「ネットショップの作り方」の記事にまとめています。

「STORES」については「ネットショップ開設でSTORESを使うべき10のメリット」でご紹介しています。

予約システムについては「無料で簡単に作れる予約システム」「オンラインレッスン・オンライン接客ができる予約システム」の記事に詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

「STORES 予約」については「STORES 予約のメリット・デメリット」の記事や「予約管理を楽にする予約システム・ツール STORES 予約」でご紹介しています。

予約システムの比較は「無料あり!予約システム比較15選」 「予約管理システム20選を徹底比較」「予約システムの機能・料金を徹底比較」をチェックしてみてください。


お困りの時はこちら

導入を検討中の方

導入のお悩みやお申し込み方法など
お気軽にご相談ください

ご利用中・お申し込み済みの方

審査やご利用方法など
よくあるご質問をまとめています

企業向け導入サポート

お取り扱い規模の大きな企業の
決済導入担当者さまの課題解決と
成功をお手伝いいたします