お会計がスムーズだから、すぐにくつろげる。

ー BOOK AND BED TOKYO 支配人 深田さま
株式会社アールストア 広報 力丸さま

BOOK AND BED TOKYO

支配人 深田さま
株式会社アールストア 広報 力丸 さま

コンセプトは「泊まれる本屋」。読書をしていたらいつのまにか寝てしまった…誰もが経験したことのある最高の「寝る瞬間」。そんな至福の体験を用意してくれる、ホステルです。


経理処理の時間をカット、サービス・お客さまに還元。

Coineyは、R-STOREの別サービスで利用していたこともあり導入を決めました。現在、BOOK AND BED TOKYOでのお支払いはクレジットカードと電子マネーのみに絞っていて、現金は取り扱っていません。面倒なレジの締め作業や現金の集計作業にかかる手間をカットしたかったからです。おかげで、その分の時間をお客さまのより良い滞在のために還元できています。また、副次的な効果として、決済方法が絞られることによる入りにくさというか、少しハードルを高くすることでブランディングに役立っている部分もあります。 Coineyは操作も簡単で、導入に際して特に困ることはありませんでした。明細もWeb上で確認できるので、本部で経理処理をするのも非常にスムーズです。海外からのお客さまも多く、Coineyでカード決済をしてみせると「すごい!」と喜んでいただけています。

BOOK AND BED TOKYOでのお支払いはクレジットカードと電子マネーに絞っていて、現金は取り扱っていません。面倒なレジの締め作業や現金の集計作業にかかる手間をカットしたかったからです。

/images/voice/book_and_bed_tokyo_scene01.jpg

すばやい決済でスムーズに読書にチェックイン。

宿泊施設では、特にチェックイン・チェックアウトの際に会計の行列ができてしまうとお客さまのストレスになってしまいます。BOOK AND BEDでもチェックイン時にお会計をいただくのですが、入り口が狭くなっているため、そこで長くお待たせしたくないという思いがありました。クレジットカード決済、特にCoineyでの決済なら、数秒ですばやく決済ができて、お客さまをお待たせすることなく、スムーズにそのまま本の空間に入っていただけます。 「読書をしながらのんびり過ごす」という体験にできるだけ専念していただきたくて、その他の体験はできるだけ削ぎ落としたいと考えています。Coineyのお会計はシンプルかつスムーズで、意識せず、気づいたらお会計できている。実は見えないところでBOOK AND BEDの空間づくりのお手伝いをしてもらっています。

「Coineyペイジ」との併用で拡がる利用シーン。

最近はオンライン決済サービスの「Coineyペイジ」も活用を始めています。ここのところ海外の予約サイト経由のお客様が増えているのですが、中には事前のカード決済に対応していないサイトなどもあり、一部海外送金でのお支払いをお願いする場合もありました。Coineyペイジの開始後はそういったシーンでも事前にメール1通でご請求ができるようになり、お店側とお客様双方の手間を減らすことができました。現地の言語で表示される機能もあり、海外のお客様でもスムーズにお支払いただけているようですね。 ほかにBOOK AND BED TOKYOオリジナルグッズの購入を希望される方へのご請求などにもCoineyペイジを活用しています。カード端末とオンライン決済の両方を使えるようになり、利用の幅が拡がったと感じています。(2016年)冬に京都に2店舗目(BOOK AND BED TOKYO KYOTO)を出店するのですが、そちらでも両方のサービスを活用していきたいと思います。

コイニー編集後記

本に囲まれて好きなだけ読書をしながら眠れるBOOK AND BEDさま。Coineyの社員もこっそり宿泊するくらい素敵な空間です。できるだけ読書体験に専念してもらうために、Coineyのお会計の「シンプルさ」がお役に立っているようで嬉しく思いました。これからも縁の下の力持ちとして、空間作りのお手伝いをできればと思います。ありがとうございました。

ストーリーをシェア

今なら実質0円ではじめられます。

新規でお申し込みいただくと「Coineyターミナル」の費用(19,800円 税込)がキャッシュバックされるキャンペーン実施中!