Coineyターミナルの販売及び製品保証に関する方針

このたびはCoineyをご利用いただき誠にありがとうございます。Coineyターミナルをご購入、およびご利用いただくにあたり、必ず「Coineyターミナルの販売及び製品保証に関する方針(以下、「本方針」といいます。)」をお読みください。本方針は、Coineyターミナル及び同梱の充電ケーブル(以下、両者をあわせて「商品」といいます。)に適用されます。

購入

商品は一次審査通過後から購入することができます。一次審査結果確認以前の購入はできません。二次審査へお進みいただく場合でも一次審査通過後より購入することができますが、二次審査の結果を理由とするキャンセル、返品はできません。購入時のお支払い方法はクレジットカード決済又は後払い決済です。

配送

商品はコイニーが指定する配送業者により配送されます。配送方法及び配送料金はCoineyのサービスガイド及び商品購入ページ内に記載されています。発送と配達の日につきましては迅速を尽くすよう努力いたしますが、商品の在庫が少ない場合にはご希望にお応えできない場合もございます。また、コイニーから配送業者へ商品を引き渡した後で、コイニーの管理が及ばない様々な事情により、商品の配達に影響が及ぶ場合もございます。したがって、発送又は配達が遅れた場合でもコイニーは責任を負わず、それによってお客様に生じた損失、損害、違約金についても一切責任を負いません。

商品の提供

場合により、商品について十分な供給量を確保できない場合がございます。また、コイニーがお客様からのご注文を受け付けた後で、商品を供給することができないことが判明する場合もございます。そのためコイニーは、販売する量を制限又は変更したり、お客様からのご注文をキャンセルしたりすることができるものとします。コイニーがお客様のご注文をキャンセルする場合には、キャンセルした商品に関するお客様のお買上金額を全額返金いたします。

販売目的

コイニーは、日本国内のお客様が自己使用目的で購入される場合に限って、商品を販売し、配送します。お客様は、転売目的で商品を購入することはできません。コイニーは、お客様が転売目的であるとみなした場合には、お客様のご注文をお断りしたり、キャンセルしたりすることができるものとします。お客様の商品のご利用については、Coiney加盟店規約並びに関連する特約やガイドラインが適用されます。これらは、http://coiney.com/legal/terms.htmlに掲載されています。

返品

お客様のご都合により商品を返品することはできません。ただし以下の「初期不良及び製品保証」に定める初期不良や自然故障が認められる場合に限り商品を交換させていただきます。

修理

コイニーでは商品の修理は行っておりません。故障が発生した場合、製品保証対象外に該当する場合は新たにお買い上げいただく必要がございます。

初期不良及び製品保証

コイニーは、商品の初期不良及び製品保証に関して、以下に定める通り対応いたします。なお、本保証が適用されるのは商品をコイニーから直接購入いただいた場合に限ります。譲渡や、オークション、転売などコイニーから直接購入していない場合は保証適用対象外となります。

(1)初期不良による対応

商品到着より30日以内で、かつ、ご利用開始前までに欠陥が発見された場合は、「初期不良」と認定し、商品を交換いたします。初期不良とは、付属品の不足や初回起動時の不具合により商品を使用することができない状態を指します。初期不良を発見した場合は該当期間内にCoineyサポートチームまでご連絡ください。Coineyサポートチームが状況をお伺いした後、交換機(新品)をお送りいたします。初期不良と認定された商品は、交換機お届けの際に同梱されている返送資材に梱包し、ご返送ください(その場で宅配業者にお預けいただくか、14日以内にコイニー指定の住所までご返送ください)。商品をご返送いただけない場合には、交換機の代金をお客様に負担いただく場合があります。

※店舗でのご利用環境でのみ不具合が発生し、コイニー規定の検証環境では不具合が確認されない場合

(2)一定期間以上の未使用及び利用中の故障による交換

商品ご利用開始後もしくは、商品到着より未使用のまま30日以上経過して不具合が発見された場合、まずはCoineyサポートチームまでご連絡の上、該当商品をご返送ください。コイニーにて動作検証を行い、「自然故障」と認定した場合に限り交換対応いたします。自然故障とは、商品に同梱されているCoineyスタートガイドの「安全のために」に記載されているルールを守って利用していたにも関わらず、故障が発生し、商品が使えなくなる事象を指します。

※店舗でのご利用環境でのみ不具合が発生し、コイニー規定の検証環境では不具合が確認されない場合

2016年10月4日制定